不妊や流産

結構 重い話なのですが これも 必要な情報なので書いておきます。


私は不妊ではなかったのですが、 流産経験者でございます。 ヒロちゃん出産後 何度か妊娠したのですが、流産で 子供を亡くしております。


外国人仲間の知り合いに 不妊治療をがんばっている友達もおりまして韓国での支援の話も聞きました。


結構 費用もかかるみたいですが 国からの支援もあるので やってけるようです。


난임부부 시술비 지원


日本も支援ってありましたっけ?調べていないのでわかりませんが・・・


流産した時も お医者さん曰く 25%の妊婦は 初期で流産があるそうです。一人目の時は全く何の問題も無かったので 知らなかったのですが、そんな簡単に赤子って授からないんだなぁと痛感した出来事でした。


その時に受けたのが 手術なのですが、 5週の初期の段階だったので 日帰りで処置は終わります。


でもねぇ 辛いよねぇ・・・・ 全身麻酔するので記憶はないのですが、でも しんどかったのは覚えてます。


で、処置でも手術は手術なので 保険請求もしてみました。 忘れがちなのですが、こういう処置の場合 加入している生命保険に 約款に 処置項目があれば 保険が下ります。


うちの生命保険の場合は 手術の名前によって手術補償費として分類されていました。 


全額カバーは無理ですが、加入者が請求しないと何も保険は下りないので調べた方がいいですよ。


調べてみると 生命保険の種類によっては 出産時に 自然分娩でなく 手術になった場合 生命保険で手術費用をカバーできるものもあります。 保険に入る時は そこの部分も確認して入っておくといいですよ。


その後 再び妊娠するのですが、胎児の病気で 13週で手術することにしょぼん

つわりも 乗り切ったのに こんなことになって ボロボロでしたね・・・ ソウルにある病院に紹介状持って通うことになり その時に 原因を調べるため 羊水検査をしたりで 費用もそうですが 辛かったですねぇ


結局 染色体の異常が原因でいずれお腹の中で亡くなるので 手術をすすめられまして、今度は入院しました。


入院自体は 大病院だし 2人部屋で まぁよかったのですが、隣の人が出産した患者さんで 虚しく夫婦でいましたけどね。まぁ でも 子供がいないわけじゃないので、 それはそれで なんか意味があったんでしょう~思うことにしてます。看病についたハオマルもしんどかったと思います。


入院と言っても1泊2日だったので、保険では入院費は下りず(4日目以降出るものでした・・) 前回と同じ手術項目だったので 同じ額で保険は下りたのですが、 大病院で泊まりで処置だったので 費用は結構かかりました(涙)全くないよりましですが。


今は妊婦の支援カードがありますが、流産の場合もカバーしてもらえるんですかね?


まぁ こんなことがあって 保険屋のオバちゃんには 今後は胎児保険など加入は無理かもねと言われてしまいました。もう 5年以上経っているので どうなのかわかりませんが、妊娠出産を考えているなら、その前に 風疹の予防注射と 生命保険の加入やチェックはしておいた方がいいですよ~


ペタしてね

コメントの投稿

非公開コメント

프로필プロフィール

koukou

Author:koukou
2001 べネチョゴリという ブログやってました。

カナダで夫と知り合い 日韓遠距離恋愛が3年半続く。
その後 結婚と同時に韓国 
忠清北道 清州市に来る。

최근 게시물 最新記事
최근 댓글 最新コメント
월별 아카이브 月アーカイブ
카테고리 カテゴリ
검색 메뉴 検索
RSS 링크 표기