文化センターの活用法

韓国では小学生から 中間期末とテストがあるのですが、4年生から5科目 なんとか無事に終わりました。いや~がんばった!! 偉いぞヒロちゃん!!



このブログを読んでる人ならわかると思いますが、韓国では珍しい 教育費をケチるのが目的の母の私 ヒロちゃんには お金はかけないが 多少の手間を かけて 韓国の学校で ついていける 子供にしないといけないなあぁ・・・と 漠然と考えていました。


オリニチブ選びで 私が重要視したのは ハングルだけはきっちり教えてくれる所 


私が日本語を教えていたので、韓国語の語彙が少ない分 オリニチブで補ってもらうのが目的でした。そのかわり 家では 教えてなかったです。今時はどこのオリニチブでもやってるでしょうねぇ。


今は多文化の補助があるので もっと低年齢から オリニチブに行かせられるのでしょうが そういうのなかったので 3年保育目指して待ってました。


確か韓国年齢4歳の頃 育児が大変すぎて 夫に泣きついたら 近所の文化センターに行って気晴らししてきたら?と言われました。


何それ?と調べてみたら 百貨店とか 大型マートに 文化センターなる 趣味や子供向けの講座があるんです。

홈플러스문화센터

현대백화점 문화센터


この他にも いろんな施設で文化センターはあります。YWCAだったり 図書館など もっと格安な幼児向け習い事もありますが、先着順なので競争が激しいです。マートや百貨店のはそこまで競争してないかも?

当時は3ヶ月毎週1回で10万Wで 子供向けのいろんな講座コースがありまして、気晴らしに行ってました。韓国人ママ友はできなかったのですが(笑) 韓国でのいわゆる教育熱に初めて触れた機会かもしれません。


今思えば もっと公共の施設の講座とか知らないだけで探せば無料とかあったはずなんですが、そこまでの情報収集能力がなかったですし、先輩もいなかったからねぇ~


最初 ウンムルという 幼児向けの講座を受け これが ガベっていう 幼児教育でよく出てくる教具なのか!と驚きましたね。 


【全品ポイント10倍(要エントリー★12/13AM10時まで)】Dusyma デュシマ フレー...
¥12,199
楽天
フレーベルの恩物であそぼう/フレーベル館
¥2,310
Amazon.co.jp

何も考えずに 適当に選んだ講座がこれだったという(笑) 行ってみて驚いたのが お母さんは熱心なんだけど 子供のよって 好みがわかれていましたね。 ヒロちゃんはナゼか これが気に入って よく遊んでいました。 教具は貸してもらえるので買わされる事もなかったです。


他のもやってみようと 今度は 音楽の講座 リトミックなのか? 楽器使って遊ぶのです。


人気薄講座だったのか?二組しか親子がいない日もあってなんだかなぁ・・・と思いながら テンション高い先生と親子で踊って疲れた記憶が・・・ ヒロちゃんは 全くノリが悪く 脱走するのを止めるのに必死で大変だった記憶が(笑)


その後は 世界のLEGOですよ~ 音楽系はアカンわ と悟ったので ブロックなら失敗ないだろう!と受けてみました。


普通は 赤ちゃん向けか 普通の大きさのブロックで 遊ぶと思うのですが


レゴ 基本セット 基本ブロック (XL) 6177/レゴ
¥3,990
Amazon.co.jp
レゴ デュプロ 楽しいどうぶつえん 7618/レゴ
¥8,400
Amazon.co.jp

講座では 特別なやわらかく 巨大なブロックで遊べて面白かったですよ。レンガの家みたいな(笑)糸をつけたりしてブロックプラス何かで新しいアイデアで遊べたり。お金払ってあるだけあるね!と納得したもんです。やっぱり男の子の受講者が多かった記憶がありますね。


3つの講座を受けてみて、最後はどうするべ?と選んだのが まさかの ウンムル(笑)

これ うちのヒロちゃん お気に入りだったんですよねぇ 教具は同じものなのですが 月齢によってやることが違うので 2度目の受講でも楽しくできました。


当時は何も考えずに文化センターに1年行ってたのですが、韓国人ママさんは どの講座がどういう分野の発達に影響があるとか、知ってて 女の子は数学が弱くなりがちなので ウンムルをさせた方がいいとか知ってるんですよ。 なので 子供が興味持ってなくても とりあえずさせる!みたいな人もいましたよ。


あとビックリしたのが オリニチブに行かせるより こういう講座を組み合わせて家で教育しているママさんもいました。なんだか 熱心っちゃあ 熱心だけど 暇つぶしに来ていた私とは大違いで驚きましたわ。


基本的に教育熱心な人が集まるので、私がヒロちゃんと日本語で話していると 2ヶ国語話せてすごいわね~的なことは言われましたね・・・・


あれから7年になりますが、この講座の娘の食いつきと 今の学校生活を繋げてみると

確かに ヒロちゃん 踊りは苦手で頑なに拒否する子供です。ピアノは好きでやってますが、歌は正直 上手じゃないし、歌って踊っては嫌いでしょうねぇ。 ウンムルが好きだったので 数学は拒否反応もなく 空間や直感的思考はあるなとは思います。


講座で何かをさせたからこうなったというより、子供がどの方面に学習能力があるのか判断できる材料として文化センターの講座はいいなと思いましたね。


オリニチブを選ぶ時に 音楽が好きな子供ならそういうプログラムがある園を選ぶとか、文化センターでやった経験があれば園を選ぶときの参考になるといいですよね。


ちなみに ウンムルは その後 通った幼稚園で強制的に購入されて 今もうちにあります(笑)たまたま入った幼稚園ですが、プログラムにウンムル講座が入っていたのはヒロちゃんにとってよかったのかなぁと思います。



ペタしてね 読者登録してね




コメントの投稿

非公開コメント

프로필プロフィール

koukou

Author:koukou
2001 べネチョゴリという ブログやってました。

カナダで夫と知り合い 日韓遠距離恋愛が3年半続く。
その後 結婚と同時に韓国 
忠清北道 清州市に来る。

최근 게시물 最新記事
최근 댓글 最新コメント
월별 아카이브 月アーカイブ
카테고리 カテゴリ
검색 메뉴 検索
RSS 링크 표기